rodo/6t9 hatenablog

自転車 キャンプ 諸々

  

  
http://store.workman.co.jp/item/item.html?i=218
パタゴニアでいうところのダートクラフトJKT相当でしょうか 裏地なしのソフトシェルジャケットです
 
ポケットは3つ 全部ジッパー付き ドローコードはなし

M〜3Lまであるサイズ設定、軽量でマトモなジッパーと、前作ソフトシェル防寒ウィンドシェルJKTのネガな部分も見当たらず
薄手でややタイトな中間着のフィッティングは自転車にも使え、乗鞍の下りでも生地がバタつきません
 
心配な点といえば無名ジッパーの耐久性、ワークマン全般に見られる縫製の甘さ 生地由来の乾きの遅さです
袖丈も若干短めに感じるので、自転車用途の方は試着してからの購入をおすすめします
 
ですがこれが3000円ってのは正直破格ではないかと 薄手ゆえの使い勝手の良さが光ります
 

重量321g (size L)
 

 
2016/12/31 追記 
 
飯能ポタリングでアウターの下に来たら通気性があまりよろしくない事が判明 ミドル用途には向いてないです
 
2017/0916 追記
 
残念ながら、2017秋冬カタログから消えました 店頭在庫のみです
 


 
160kmコースの92.7km付近 みそらの交差点を右折、コースから外れて約2km登るとその店はある
おととしのAACRで沢山の僕らが雲霞のごとく押し寄せて昼前には全品完売させてしまったその店
そいつがちょっと気になってですね、毎年寄ってる訳でございます 美味しいし
 
松本にもチャオって有名店もありますが
わざわざコースから外れて余計なヒルクライムしてまで寄る参加者が後を絶たない人気っぷり
ココ登んなきゃ、もう少し早く紫水苑に戻れて家に帰るのも早くなる・・とか益体もないことを考えながら登るとあっという間ですw
 
ジェラートショップ花彩

 
今回は しぼりたてといちご とても美味しかった 積極的に寄って行きたい味
 
そしてお店の方に「2キロなんて誤差です 余裕っす」と見え見えの強がりを言うのも忘れないし 
食べて下って、すれ違うゼッケンつけた参加者に「もうちょっと」と言うのも忘れない 
 
昨年のエイドだったオリンピック施設の脇を抜け、また青木湖畔にもどって
ゼーブリック(美味しいラーメン屋)に停まってる参加者とおぼしきバイク見て「絶対胃腸がカーボンナノチューブか何かだ」と思ったり
トンネルのあまりの暗さにあげたと思われる女性参加者の悲鳴にこっちがびっくりしたり
 
この辺から足を努めてセーブし始めた 風向きは悪くないものの、昨年終盤のゆるい上りでやられたのが一応、な
簗場の駅のトイレが相変わらず混んでるので海ノ口駅で用を足してから 縁川商店ことYショップニシに
 
おやき頼もうにも、古代米おにぎりの腹持ちがよくって仕方なくポカリと水の補給だけに
到着時間が早かったので随分寂しい写真しかなかったけど、後から参加者てんこ盛りだった模様
 
昨年苦痛だった美麻エイド(そば)までの上りもそつなくこなし 
快速ダウンヒル区間をこなしてす再び148を渡り、県道306に
ここからフラット基調な平坦路 風はほぼ無風 一時停止だけが煩わしいが、足も残ってるので
一人TTでぶっ飛ばしていくも暑くってしょうがない 
 
ドリンク切れで停まったハッピードリンクショップチェリオメロン味が、とんでもなく美味しかった
思い出暑さ補正抜きにしても、今回のベストだったかも
 

  

試走コースのあたりまで来てから完走を確信
昨年の不甲斐ない出来とは違い、行きたい所を全部回ってそこそこの時間にゴール
allsportsで確認したら、ものすごいドヤ顔でゴールしてたw
MCのお姉さんに「良いガッツポーズだ」と褒められたのもうれしかった
  
完走証取りに行ったら抽選でワコーズのハンドクリームが当たってたりと、いい感じでイベントを終了
来年も行ければ行ってみたいものです

 
息を呑む美しさ 本気を出した青木湖の前では、足を止めざるをえなかった・・

                                          • -

 
6時出発 安房トンネル経由で松本に向かう
山の方もシーズンインなのか渋滞気味 予定より少し遅れたものの 
10時前には受付会場兼スタート地点の紫水苑に到着
 
受付済ませて、やっぱ梅丹本舗来てない、とか GIROは攻めて来てるなとー
ちょっとだけブースを見て、INTERMAX安曇野価格1000円のバーテープを購入し
早々に木崎湖向かった
 
ナビ任せで梓川スマートic安曇野で降りて大王わさび農場の横の川沿いを北上 信濃大町駅に45分ぐらいか 
 
11時30には駅横市営駐車場に突っ込んで、
昼食は徒歩1分のぶたのさんぽか、徒歩2分の昭和軒の2択
空いてたのでぶたさんで大町二郎野菜少なめ、ダムカレーも捨てがたかった

 
もう夏のような暑さの車内で汗だくに毒づきながら着替え、車から自転車引っ張りだして
軽く準備運動してから胸の上を2回叩き、木崎湖方面に出発
 
やや向かい風の中、例のローソンで水とポカリを補給、
明日体調不良で食えなかったらマズいってんで、縁川商店ことYショップニシでおやき補給 
(この予感、よりダメな方向で当たる)
 
縁川から白馬方向にちょっと行った海ノ口駅で交流ノートに記帳 文面は毎回毎回「チャリで来た」にw
 
向かい風でペースが上がらないし明日が本番なのになんで毎回前日にエラい事してるんだろうかと
毎回、自問自答しながら簗場の踏切を渡って、答えが出ないまま小熊山ヒルクライムがスタートし
じきに考えるのが面倒になるほど坂はキツくなってくる 
 
 
 
勘と筋肉が鈍らないように週2のチャリ通勤のおかげで足がタレない
いい感じ、このままイケると思ったが重機が置いてある分岐の前で足つく寸前の速度(5キロ前後)に
 
もう後はは疲れないようにのんびりとパラグライダー場まで流していった 
伸びしろが残ってると見るか現状維持で精一杯とみるか コレも答えが出ない
答えが出てるのは「贅肉は伸びしろ」って事だw
 
パラ場到着 芝生の上でチャリ平置きは厳禁 これはインストラクターのお兄さんとの約束
 

 
ココにくると脳内会議モードに
「来年来れるか」「来年後泊できんか」「コンテンツの賞味期限と聖地の上書き・・」「今日の晩飯・・」
などなど、絶景を見ながらしょーもない事を考えるおっさん一名・・・ 
満喫した後、木崎湖キャンプ場めがけてダウンヒル 
 
対向車と砂利のせいでこれっぽっちも爽快じゃない我慢のダウンヒルだったが これも毎年の事
本番は明日 怪我しないように自重しながら降りる
 
キャンプ場はフリマもやってたが、うん、シートポストから自転車は生えないってのを再確認した
自販機でDrペッパーを補充して 信濃大町駅に戻った
 
着替えて車にまた積み込んで、カイザーの開店まで時間があったのでゆーぷる木崎湖で風呂
ココはモンベルの会員証で割引ききます 大事なことだからもう一回 モンベルの会員証で割引です
ぬるめの露天風呂につかって、明日に疲れを残さないよう湯上り後に軽くストレッチ
運動後だけにフルーツ牛乳が美味い 食事制限も今日は解除だ
 
17:30すぎにカイザーに 入った数分後にはもう団体さんでみっちみちに混んで大変そうだ
久々の鹿ステーキ定食(ナンテコッタイ写真が無い) やはり美味い 明日に響かないよう、よく噛んで味わった
次回は限定の鹿ヒレステーキに挑戦したい
 
しばらく時間を潰して夜のロングライダースファンミーティングに
参加者がおおむね脱初級クラスだったので初心者引率のノウハウと
行間を脳内補完しない、誰にでも伝わるわかり易い文章作成など実践的アドバイス
一時間が短かく感じた密度の濃いミーティングでした
 
(続く)


 
大津出発ハーフ左回り 寄り道無しの最短152km 全くいい所なし
 
下道で滋賀入り 治んない口内炎のせいで醤油がしみて、鯖江の回る寿司を3カンでギブアップ 
炙りトロ美味かったんだけどな 仕方なく敦賀の屋台ラーメンごんちゃんで再補給 こっちは大丈夫だった  
 
 
 
車内泊用に持ってった寝具が薄くって腹を冷やす 
そして悪いことは続き、出走前に全部着替えてからのビッグウェーブに緊急回避 
ギリギリセーフもウィンドブレーカーを床に落として濡らす失態
 
走り初めの気温が5℃ 
ウールアンダー、夏用長袖ジャージ+UVアームカバー レーパンにレッグカバーと反射ベスト
昼間の予想気温に合わせたらブレーカーなしだと厳しい気温が後で身体に響く 
 
前日電池変えたガーミンのケイデンスセンサーとペアリングできてない 余計な荷物に
 
怖くて水が飲めない ゼリー系でなんとかしのぐも、後でこれも下ってくる 
ビブショーツにクイックリリースついてるけど、緊急時にはそんなもん外してらんない
人の尊厳を守るためにビブじゃないレーパンでとか、頭のなかで駆け巡る・・
 
風車村が閉鎖中(後で調べたら改装のため) 手前で補給してたから助かった
 
そういや湖西にいつもいるヤギがおらんかった 草刈りのバイトにでも行ったのかな?w
 
白髭神社の手前、乙女ヶ池の辺の立体交差で国道161号の向こう側に出るんだけど
この日はそこが水没 あきらめてちょっとだけ反対車線の歩道走るつもりが、
中央分離帯のおかげで結構な距離を走るハメに 走行可とはいえ気まずかった
 
100km超えてから腹だけでなく膝に違和感も この時点で輪行も考え始めた
ほんで「こんなん初めて」とか口から出てしまう 前々回ぐらいは「身体は正直だな」だったw 
長命寺からはもう消化試合の様相に 山登らずにひたすら着いてからの温泉と食事を考えて気を紛らわす
 
なんとなく「ポカリ薄めりゃいけるんでね?」とポカリ1/2で乾きをしのぐ 
やっぱり、後でこいつも全部で出るんだけどねw 
 
彦根まで戻ってきて、楽しみにしてたクラブハリエも通過 
薬もやっと効いてきたので完走に専念 160km前後と予想してたら152kmでゴール
 
ゴール後のお楽しみ太閤の湯は設備故障のため広い方の湯船しか入れなかった でもオマケしてくれたので無問題
 

そのあと車でクラブハリエに引き返してパン買って、トンボ帰り 
高速上で食事してちょっと仮眠のつもりが朝までぐっすりでした 
 
 


 
新年2回目のライド 今年は暖冬でホント助かってる 雪かきもまだしていない
 
解氷剤巻いてない所探しで、ついでに立山サンダーバードで補給 雲行きが怪しくなってきたので1.5時間で帰宅
キャプリーン3+モンベルシャミースベスト+モンベルサイクルライニングジャケット
GORE BIKEのビブタイツ+ウールソックス トゥーカバー
出発前の気温が4℃ だいたいOK 1月だとシューズカバー要る
 
汗かかずにちんたら行く分にはフリースのベストでも大丈夫と分かった 
寒さであれこれやられるよりも、3月までは暖かい格好で走りたい
 
タンスの奥から引っ張りだした10年もののユニクロネックウォーマーも具合よかった
耳と鼻、口元、首周りを全部カバーできて、しかも熱すぎない 呼吸も問題なし いい発見だった
 


[:H350]
 
横断歩道、白線の上は凍結 関東の乾いた天気が恋しいです